セメントの着色剤を使っての鉢作り

最近は漆喰と、小物づくりにはまっております。

お店に行って鉢を購入したりもするんですが、なかなか自分の思ってるサイズ、質感、形など、

納得できるものがないんですよね。

プラスそこそこ値段が高いという事(ココが一番かも)

という事で、一度作ってしまおうと思いました。

前までなら、全部コンクリートで作ってましたが、お店の中に置くってなると、重いのはちょっと・・・

ってなります。

そんな時に前回に作ったタイル張りの鉢をヒントに、表面をモルタルで塗ってしまおうとなりました。

ただ・・・

置く場所が白い所なので、緩急が欲しいのです。

そんな時に思い立ったのが、ずいぶん前に買ったコンクリート用の着色剤。

この色は山吹色ですが、今回はこの黒色を使いました。

どういう風に着色するかと?と言うと。

モルタルを水で混ぜるときに少し入れるだけと言う簡単作業。

ですが、配合を覚えておかないと、一気に塗るのであれば問題ないのですが、

分けて塗ると、配合がバラバラだと色むらができてしまいますので注意が必要です。

そんなことをエラそうに言うてますが、出来上がりはそこそこムラができてます(*_*)

それでも制作費千円で出来たというコスパの良さ、鉢作りは全くのど素人なので仕方ないです。

けれどプラスチックの鉢より全然カッコいいと思います(^O^)

ちなみに遠目でみると!!

先ほどから言っていた緩急があっていいでしょう!!

ただ植物の発育に関してはまだ謎です(笑)

今度は山吹色に挑戦したいと思います(^O^)