トップにボリュームが出ない男性にオススメメニュー

今回は、「年齢とともに髪の毛の張りがなくなり、トップにボリュームが出ない方」にオススメメニューです。そして、ボリュームを出したいんだけど、パーマーっぽい感じの質感の嫌いな方にもオススメです。

このメニューをしようと思ったのは、すべて僕の頭のボリュームがなくなってきたのがきっかけです。ではパーマを当てればイイじゃんよ!!となるんですが、基本パーマの質感が、すごく嫌いいなんです。(自分にあてたパーマの質感ですよ。)

もともと、髪の毛が細く、柔らかく、くせ毛で痛みやすい髪の毛の僕。普通のパーマ当ててしまえば、3日くらいはやりやすいのですが、しばらくすると髪の毛がちりついて来て、髪の毛は櫛でとけなくなり、結果自分のクセの状態のまま、トップにボリュームを持たすようにブローしてる方が綺麗にできるんです。

でも、そんなことを毎朝やってたら、時間がかかって結局、帽子を被るんですよね。

そんな時に、髪の毛のダメージを抑えれる薬を、業者さんから、教えていただきました。そしてその薬についての講習を、お店で開き、施術を学びました。

最初は、女性メインで考えておりましたが、このメニューは、自分にピッタリなんじゃないかと思い、自分に、一度かけてみました。それから、二か月たちましたが、イラないチリつきもなく、まだまだ乾かすだけで、ボリュームをキープできております。

でっ、その工程を昨日の夜、友達の頭を借りて実験しました。

IMG_2823[1]

ちなみに三か月前に、一度このパーマを当ててるんですが、イラン痛みもなく、まだパーマっ気が残っております。でもさすがにボサボサ感はあるので、整えて、パーマをかけていきます。

カットを終えて薬剤を塗っていきます。

IMG_2824[1]

塗り終えたら、デジタルパーマの機械専用のロッドを巻いていきます。今回は、前回より細めで巻いてほしいということで一番経数が細いロッドで巻きました。

IMG_2825[1]

でっ巻き終えてから、プラグにコードをつなげて、電気を流します。

IMG_2826[1]

このまま15分~20分放置して、最後の薬をつけて完成です。

IMG_2828[1]

ちなみにスタイリング剤をつけずに、乾かしただけで、こんな感じになります。普通のパーマでかけたら、パーマを残しながら乾かすんですが、ほぼ適当に乾かして、これだけ動きが出ます。

 結論から言うと、普通のパーマは、考えながら乾かしていかないとダメなのに対して、このパーマは、乾かすだけで形が整ってくれるということなんですよね。

さらに!!髪の毛の質感も、パーマっぽくない質感になるので、かなりのおすすめです。

また、普通のパーマとデジタルパーマのちがいなども載せていけたら、載せていきます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)