今日のデザインカラーは、かわいい→色っぽいへ。

今日のお客様は、モデルさんでもいつも来ていただいてる、YUUKAちゃんです。年齢もピチピチの二十歳くらい(^O^)今日はカラーだけでしたが、先日の講習で学んだことを実践しました。

IMG_2874[1]

ということで、現状の色を確認。ちょっとオレンジ色っぽいですよね?これ赤みが出やすい証拠なんですよ。ちなみに赤みが出にくい方は、黄色っぽくなります。

これをふまえて、希望の色を聞いたところ、色っぽい色にしたい!

この答えをもとに、お客様と技術者の意識のすりあわせをしていきます。

まず、オレンジが持つ色のイメージ!!それは、元気なとか、活発的なイメージなんですよ。こういう言葉を連想させると、若い元気な女の子をイメージします。夜元気なおっさん!!みたいなネ。

そこで、Yuukaちゃんのイメージは、色っぽい色!!どっちかというと、しっとりとした女性像を思い描きますよね、そこで赤みを消す色のアッシュやら、マットよりにすればしっとりとしたイメージになります。

ただ今回のテーマ―は、色っぽい!!あんまりギャル寄りにはしたくないので、あくまでも赤みを消す程度でいいのです。消しなさすぎもいけませんがね。

なんでベースの色は抜け感のある茶色をチョイス、そこで、そのまま使うと赤味が消えないので、マットを補色にミックス。

そして、言い忘れていたのが、少し明るくしたいともいうてましたが、色っぽいをテーマなので、これ以上、全体を明るくしましょうは却下。全体をトーンアップすると痛みますのでね。

でも部分的に明るくししておいたら、明るくも見えるかとなったので、ホイルワークの出番です。ホイルの色は、部分的な色なので、結構透明感があってもいいと思い、カラー剤で一番明るい色を、チョイス。(ここはマット単品でもオッケイ!!)

さて、ホイル貼りますか(^O^)

IMG_2875[1]

ホイル終了(^O^)耳の後ろは、アイロンで巻いた時に束が出るように、太くガッツリ入れてます。表面の方は、あくまでもなじます程度なんで、細くとってます。(あんまり太いと、品がなくなりますからね)

IMG_2876[1]

でっ!!ベースを塗って終了!!どんなんなったか、楽しみぃ~(^O^)

シャンプーをして、乾かしてこんな感じ。

IMG_2877[1]

乾かした状態はこんな感じで、一度アイロンで巻いてみましょう。

IMG_2880[1]IMG_2883[1]

仕上げも色っぽく、無造作に(^O^)最近の巻き髪は作りこまない巻き髪なので、結構難しいです。

とまぁ、色々話しましたが、ようは意味のあることをしているかどうかの答えあわせですよね。本人さんにはとても喜んでいただきましたが、もっと似合う定義を見つけていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)