ダブルカラーでウェディングドレスにピッタリの色に。

先日嫁さんのお客様が、ダブルカラーをしに来てくれました。

ダブル―カラーをするメリットは、

  1. まず普通のカラー剤では出せない色が表現できる事。
  2. 同じトーンでも,透け感が全然違う。(透明感がる)
  3. 色味がはっきり出る

デメリットは

  1. ブリーチを使用するため痛みが出る
  2. 使用する色を間違えば緑になる(吸い込み現象と呼ばれるもので、また説明はその後の記事で載せたら載せます)

まだまだいっぱいあるのですが、今回はこんだけにしときます。今回のお題はダブルカラーなんでね。

ということで、ビフォーアフターでやっていきます。

まず今回のお客さま!!

IMG_3073[1]

元々色が明るくなりにくく、いつもブリーチで明度を明るくしてから、色味を入れております。上がりにくい証拠にオレンジがかった感じになってました。(今回は綺麗に撮れすぎたせいか、ちゃんと黄色ですが、実際はもっと赤みがあります)

今回は、結婚式の前撮りが三日前ということで、ウェディングドレスにピッタリの色にしたかったみたいです(^O^)

話は大きく変わりますが、ゼクシ―の表紙とかって、ほぼ外国人モデルですよね?でっあれを見て、(わぁ素敵♡)ってなりますよね?外国人の体系とか、顔にもよるんですが、今回はカラーメインなので、外国人の髪色に着目していただくと、少し緑がかった、透明感のあるベージュですよね?

ああいう色は、日本人の髪質上、普通のカラー剤で一発でなりません。(もともとブリーチしてたり明るい人は別で、本当にあんまり染めてない黒もしくは、暗めの茶色)例外もありますが。

なんで、ウェディングドレスには、緑がかった金髪がオススメです!!(まぁ好き嫌いはありますし、その人のイメージもありますが)

と話を戻しまして、一度ブリーチで黒い所と金髪の色の明るさを合わします。この作業の時、私はお客様の旦那さんの髪の毛を切っていたので、携わっていませんでしたので、旦那さんの髪型を載せておきます。

IMG_3074[1]

本当はオールバックにしたかったんですが、恥ずかしいので、下ろしてくれ!!と言われたので、後頭部が割れてました(>_<)結婚式当日はオールバックで行ってくれるはずです(^O^)

とやってるうちに、奥様の方も乾かしまで行っていたので、その時にパシャリ!!日が当たるとこんな感じで、

IMG_3076[1]

暗い所に行くと、こんなにはならないんですが、結婚式場は光が差し込むので、こんな感じに見えて、外国人風に見える事(髪の色が)間違いないです!!)

今回は、こんな感じにしましたが、別にこれが正解とかではなく、たまたまゼクシィっぽくしただけですので、みなさんはみなさんのしたいイメージを大事にしてくださいね(^O^)

前撮りで晴れてくれるのを願います(^O^)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)