脱・おばちゃんパーマ(笑)毛先にニャアンスパーマ

題名の通り脱おばちゃんパーマと書いておりますが、

ただ今回のお客様がおばちゃんのようなパーマをあてて欲しくないという事で。

こんな感じの題名になりました(^O^)

今回のポイントは。

仕上げの時にムースなどで、濡れ感をだしたくないという事、

フワフワはしたいけど、チリチリは嫌!!

等々過去のパーマについてのトラウマを打ち明けてもらいました。

うちのパーマの種類としては。

普通のパーマ、クイックのデジタルパーマ、デジタルパーマ、と別れております。

何が大きく違うかというと、かかり方、仕上げ方が違います。

 普通のパーマ→クイック→デジタルパーマ(この表は以下省略します)

普通のパーマは濡れている時に、パーマが強く出ます。なのでムースで仕上げたり、少し半濡れくらいでとどめていきます。

間を抜かしてデジタルパーマですと、乾かすとカール感が出てくるので、完璧にドライして、ワックスやら、ミルクをつけて仕上げます。

でっ!間のクイックがどっちでもいけるという、仕上がりです。

 パーマの形状も、右に行くほどウェブ感がなくなります。

そのかわりカール感が強く出ます。

今回はその中のデジタルパーマを施術します(^O^)

そして!!

もう説明につかれてしまったので、今回のお客様です(^O^)

???

あっ??またビフォーを撮り忘れたので、前々回のカラーの時の写真を使います(^O^)

img_1506

クセは少しあるものの、どっちかというと、ストレートに近いです。

そしてカラーをしてブローをしたのが、こんな感じ(^O^)

img_1509

内にしっかりおさまりましたが、あんまり動きがないようなので、飽きてきたらしいです(^O^)

本当は先パーマをあててからカラーした方が綺麗ですが、時間の問題上後でパーマをあてました。

という事で仕上がりが。

img_1731ねっ?色が抜けたでしょ?

でも動きが出たスタイルになったので、大変気に入ってくれました(^O^)

ちなみにコテも何も使わず、適当に乾かしただけの楽ちんスタイルです。仕上げもワックスで持ち上げるだけで、

こんな感じになります。

こんなニュアンスパーマが大好きです♡

かといって、おばちゃんパーマも嫌いかというと、

意外と好きです♡」

結局は本人さんに似あっているか、似合っていないかですからね(^O^)

そして11月に入りいきなり寒くなったので、お店の中で凍えながらこの文を書いておりました(^O^)

今日は息子の誕生日なので、早めに帰りたいと思います(^O^)