細いチップで毛先だけにブリーチをした、ナチュラルなグラディーション

12月も中頃に入り、慌ただしくなってきましたね。

看板の打ち合わせも終わり、内心ホッとしてますが、本日朝から予約が埋まっており少し緊張で胸いっぱいです(^O^)

こんないい悩みもご来店していただくみなさまのおかげですね。

正直なところ、オープンしたての頃は、予約が埋まることはほぼなかったんで、(明日は、ちゃんと仕事が回るんやろうか?)という悩みは一切ありませんでした(笑)

そのかわり(明日は土曜日やなのにOr日曜日やのに、この店大丈夫?)という悩みの方が多かったです。

そんな悩みを持ち続け、三年経った今こうしてしぶとく生きてます(笑)まだまだしぶとく生き続けますよ!!

人間しぶとく生きてナンボですからね。

そんな感じで、今日のビフォーアフター(^O^)

結構明るめです。

それもそのはず、前回に他店で毛先だけのグラディーションカラーをしたので、明るくなってるんですよね。

今回画像を見せていただたんですが、毛先が徐々に明るくなるグラデーションカラーではなく、細かいチップでところどころ明るいカラーがされているんですよね。

それでどうしたかというと。

この上からさらに明るいところを作ることにしました。

明るくするには、ブリーチは必要です。

プラス画像のハイライトの部分が灰色っぽかったので、今回はブリーチサプリを使わず、脱色メインで行きました。

途中経過をとり忘れたので、仕上げだけ撮りました(^O^)

前髪を切ってたので。、手が写りました(笑)

これだけだとあんまり灰色感が分からんので、アップにすると?

毛先灰色です。

下ろしてるんで、わかりにくいんですが巻いたりするとこれがいい感じなんです。

あくまでもインナーカラーに近いので、巻かないと出にくい所なんです(*_*)

でっ!!

巻いた写真は・・・・・・?

ありません(*_*)

巻いたところも見せたかった!!

そんな感じで今回終わりですが、結構大変です。

ブリーチするより、ブリーチした後の色味。

ブリーチでアンダーを削る(白に近い金髪まで明るくすること)、それに関しては、塗ったらいいだけです。(今回は塗り方は工夫してますが)

アンダーを削った後の、色の入り具合が厄介なのです。

灰色と聞けば、当然アッシュなんですが、金髪にアッシュを入れると緑になるのです。

くすんだ緑が好きな人はオッケーです!!(嫁さんの仲間入り)

簡単に絵具でたとえると、アッシュが青色、ブリーチでアンダーを削った色が黄色。

青色の絵具と黄色の絵具を混ぜると・・・?

緑ですよね?

しかも!!

ブリーチ毛は、ダメージしているので、色味を極端に吸い込むのです!!

そんな悩みを解決してくれたのが、最近発売したホワイトなんです。

これを混ぜておけば、極端に吸い込むことはないというていで、あとは色味のイメージだけです。

そこらへんは、いい塩梅でね。

今日も頑張ります(^O^)